20150127_1

 

今日はお休みを頂いて、絵の展示会に行ってきました。

色の語らい 100人展 ~ シュタイナー教育に基づく 子どもから大人まで 心を映す水彩画

明日の28日からが正式な開廊日なのですが、今回はご縁を頂いて、準備期間中に行われた主催者・吉澤明子さんによるレクチャービュー(絵とその技法、ゲーテ・シュタイナーの色彩論などを実際の絵を見ながら教えていただく)に参加させて頂きました。

私なりにシュタイナー哲学について少し説明しますと・・・
人間(その他の生き物全て)を単なる物質(身体・心)に留めず、宇宙の中の人間・霊的な存在として、広がりを持った視点で捉える考え方。

 

そして、その考え方をベースにした分野が現代では確立※されています。(※その途中かもしれません)

・医学の分野→アントロポゾフィー医学
・芸術の分野→シュタイナー教育
・農法の分野→バイオダイナミック農法

私がシュタイナーに興味を持ったのは、FESエッセンスがゲーテやシュタイナーの哲学を背景としたものであると知ってからなのですが、思い起こせばアロマテラピーを学ぶために入学した学校の先生がシュタイナー教育に携わっていた方だったというのも潜在的なつながりとなっているような気がします。(それともうひとつ思い出しました。そういえばフラワーエッセンスについて初めて知ったのも、バッチレメディからではなくFESとの出会いからだったのも、私らしいエピソードなのかもしれません。)

アントロポゾフィー医学については、学べる場所と先生とのご縁を頂いて、一昨年からマイペースに学ばせて頂いていますが、シュタイナー教育・美術をきちんと見るのは今回が初めてでした。

20150127_2

 

今日感じたこと。

子どもから大人になる過程の感覚の広がりの素晴らしさ。
人間も植物も動物も鉱物も・・・
全ての命のきらめき。尊さ。

それを教育者として導く方の素晴らしさ。

シュタイナー美術を通して、宇宙の成り立ちを垣間見ることができたよう。

 

そして気付いたのです。
私はこの世界観を通してこの世を捉えてみる事が好きなのだと。
FES・アントロポゾフィー・ゲーテ・シュタイナー、これほどに惹かれる理由が今日絵を通してはっきりと分かりました。
この事に気付かないでいたら、きっと私の人生が変わっていたと思います。
(他の人にもきっと、何かひとつ、生きるうえでの視点があるのだと思います。)
20150127_3

「祈りとともに-IAO」 吉澤明子作
 

最後に私の好きな言葉を。
人は霊的な体験をする存在ではなく、人間体験する霊的な存在なのです

●色の語らい 100人展 第10回
2015年1月28日~2月1日
午前10時~午後6時
大倉山記念館ギャラリー

 

【投票ボタン】

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ   にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ


神奈川県平塚市 植物療法 フラワーエッセンス アロマセラピー ハーブ タロット
FlowerEssence, Aromatherapy, Herbs, Tarot

ホーリーナチュラルレメディーズ
平塚市の植物療法ケアサロン&スクール

【ホームページ】 http://www.holyremedies.com
【営業時間】 月~金曜日:12時~19時
【定休日】 土・日・祝
【アクセス】 神奈川県平塚市松風町(平塚駅から徒歩約12分) アクセス
【ご予約・お問い合わせ】 予約状況 予約・問い合わせフォーム
メールでも受付しています info@holyremedies.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です